ホーム > 製品評価技術

製品評価技術

高周波化、高電圧化が進むトランスやリアクトルでは、商用周波数(50/60Hz)の電源トランスには無い、高周波、 高電圧固有の現象により、発熱量の増加や信頼性の低下が起こるため対策が必要となります。

このページでは、これら高周波、高圧製品についての当社の評価技術をご紹介しております。

    高周波トランス/リアクトル

  • 高周波損失

    パワーエレクトロニクス装置の性能向上に伴う省エネルギー化、高変換効率化、小型化が進むなか、使用される高周波トランスやリアクトルにおいても大容量×高周波化が進んでいます。 高周波化が進むにつれ、トランス、リアクトルにおける高周波固有の損失(鉄心におけるヒステリシス損や渦電流損、銅線における表皮効果や近接効果による電流密度の偏りなど)が増加します。

      KECの高周波製品評価技術

      北川電機の高周波電源は、高周波トランス、高周波リアクトルの評価に合わせ、高周波電圧やリップル電流重畳など、お客様仕様定格の模擬的な環境を再現可能です。 その中で、パワーアナライザによる電力損失測定や、サーモグラフィー、熱電対による温度上昇の測定など、高周波製品に必要な評価を実施しています。

      高周波評価技術

      製品情報

    • ACリアクトル・DCリアクトル・高周波リアクトル

      AC/DC/高周波/三相リアクトル

      用途に合わせ最適なコア材を選定し、カットコアを用いることで、小型かつ低損失を実現します。

    • 高周波トランス

      高周波トランス

      大容量インバータの主回路用。コアは金属系とフェライトから使用周波数により選定。コンパクトな形状はカットコアならではです。

    高圧トランス

  • 部分放電

    トランスの絶縁設計は、導電性部分との沿面/空間距離、及び使用する絶縁材料で決まり、その絶縁強度は絶縁抵抗試験や耐電圧試験により確認可能です。 しかし高電圧回路では、絶縁物内部に含まれるボイドや不純物の影響により、ボイド内での微少な放電現象(=部分放電)が発生することがあります。 この部分放電が繰り返し発生すると、絶縁材料の劣化が進み、やがて絶縁破壊に繋がります。

      部分放電評価技術

      部分放電 部分放電 部分放電

      北川電機の高圧トランスは、絶縁抵抗試験や耐電圧試験に加え、部分放電試験(最大電荷量及び、部分放電開始電圧、消滅電圧の測定)を実施することで絶縁性能を確認しています。 これにより、高い絶縁性能が求められる高圧トランスの製造上のバラツキや、材料のバラツキに起因する潜在的な不良を未然に検出しています。

      また、北川電機が所有する部分放電試験器は、通常50/60Hzで行われる試験に加え、50kHzまでの高周波でも試験が可能です。 高周波化、高電圧化、大容量化が進むパワーエレクトロニクス装置に使用される「高圧×高周波トランス」に対しても評価が可能です。

      部分放電評価技術

      製品情報

    • 高電圧トランス

      高圧×高周波トランス

      絶縁破壊の原因となる部分放電のない高信頼性と、カットコアによるコンパクト性を兼ね備えています。

お見積りや外形寸法の検討をご依頼される場合は、お問い合わせフォーム、
またはお電話にてお問い合わせください。